お知らせ

いにしえ街道

日頃より「きいてくなんしょ」をご愛読くださいましてありがとうございます。

9月号のきいてくなんしょ広告・原稿等の締め切りは9月9日月曜日となっておりますので、掲載を希望される方はご注意ください。

さて、きいてくなんしょは10月より発行日が毎月10日に変更になります。

したがいまして、10月号のきいてくなんしょ広告・原稿等の締め切りは9月24日火曜日となりますのでご注意ください。
あわせて、掲載内容の精査も厳格化されることになりますので、ご希望に添えない場合が出てくる恐れもありますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。
なお、確認やお問合せは随時受け付けますので、会津坂下町まちづくりセンター(TEL&FAX:0242-84-2135/メール:machi-center@taupe.plala.or.jp)へ連絡をお願いします。

報告会画像

209号(1)

209号(2)

チャレンジインターンシップ事業とは、2019年度NPO強化による復興創生事業として、若者の学び・体験支援をテーマとし、県内で復興支援活動をしているNPOでユース(高校生・大学生・専門学校生)が自発的かつ意欲的に、インターン活動を行うことを通して、福島県の復興・創生に若者が貢献することを応援するとともに、インターン活動を通して、参加した若者自身が成長する機会となることも期待している事業です。
今年もNIVOでは、1名のインターン生を受け入れ、本日オリエンテーションを開催しました。
明日より29日までの日程で町内各地区を回ってそれぞれの地域でまちづくりに活躍・ご尽力されている方々のお話をお聞きしたり、会津坂下町役場正面入り口でアンケート調査(22日・23日の両日/13:30~15:30)を実施させていただきます。
皆様にはご不便やご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、若者の勉強のために温かく見守っていただければ幸いです。
なお、30日の午後1時30分より成果発表会としまして、東分庁舎2階におきまして今回のインターンシップで調査・アンケートした内容のまとめや気づき等を本人の口から申し述べますのでぜひご参加ください。

組織の説明を受けるインターン生の佐藤さん

組織の説明を受けるインターン生の佐藤さん

東北電力の地域づくり支援制度「まちづくり元気塾」を活用して、地域の活性化・元気なまちづくりをしてみませんか?
詳しくは東北電力まちづくり元気塾のホームページhttps://www.tohoku-epco.co.jp/genki/をご覧ください。
会津坂下町まちづくりセンターにもパンフレットがあります。

詳しくは下記のリンクを参照してください。

会津坂下町役場生活課 https://www.town.aizubange.fukushima.jp/soshiki/27/9264.html
会津坂下町商工会  http://www.bange-bonge.jp/

きいてくなんしょ7月号が発行になりました。

会津坂下町内の各コミュニティセンター広報誌も会津坂下まちづくりセンターでご覧いただくことができますので、お茶のみがてらお立ち寄りください。エアコンを効かせてお待ちいたしております。

208(1)

208(2)

なお、次月のきいてくなんしょへ広告や記事等の掲載を希望される方は、8月6日まで原稿を添えて連絡ください。
ただし、スペースに限りがありますので、ご希望に添えない場合があります。

投稿:事務局長 鈴木伸司

大和証券福祉財団様の助成金情報です。
詳しくはホームページ「http://www.daiwa-grp.jp/dsf/grant/outline.html」をご覧ください。

大和証券福祉財団助成ポスター

当日の申し込みでも間に合います!!

日時:令和元年 7月7日(日)
受付:午後12時30分
時間:午後1時~2時
場所:道の駅あいづ 湯川・会津坂下 川の駅
住所:河沼郡湯川村大字佐野目字五丁ノ目78-1

○4人1チーム
○小学生以下対象
○参加費無料
○1位、2位、3位にはそれぞれ景品がございます。
○申込方法
 下記申込用紙を記入のうえ、FAXにてお申し込みください。
 申込書 申込書
 湯川村役場産業建設課   FAX(0241)27-3761
 会津坂下町役場政策財務課 FAX(0242)83-1361

 水鉄砲合戦案内 水鉄砲合戦チラシ

【主催】
  「人の駅・川の駅・道の駅」協議会
【お問合せ】
  湯川村役場産業建設課   電話 (0241)27-8831
  会津坂下町役場政策財務課 電話 (0242)83-1504

Facebook