お知らせ

12月10日号の原稿等の締切は11月20日です。

11月号(1)

11月号(2)

日頃よりご愛顧いただいております「会津坂下町まちづくりセンター」ですが、誠に急で勝手ではございますが、11月15日(金)午後1時30分~3時30分の間、全職員会議のため臨時休館とさせていただきますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げ、お知らせいたします。

センター長 藤田勝彦

今月号より毎月10日発行となります。
10月号1p

10月号2p

添付の通り、公益信託うつくしま基金(以下「うつくしま基金」という。)の募集が始まります。
18回を数えるうつくしま基金も、今回で終了が予定されています。
うつくしま基金は、応募できる団体の条件がとても緩やかで、個人(申請者以外に共同参画者が2名以上必要)、グループ、任意団体、NPO法人と、市民活動を継続している市民団体のほとんどが対象(有資格)です。
また、10分の10の助成であることも大きな魅力ですので、皆様ぜひ挑戦・活用してください。昨年度会津坂下町では、坂下地区地域づくり協議会が実践支援コース50万円の助成を受けました。
今回も県内6か所で説明会が予定されており、当法人では会津・南会津地区の説明会をうつくしま基金サポート組織の「NPO法人うつくしまNPOネットワーク」と共催で、別添の説明会案内チラシの通り、10月23日(水)午後6時30分より会津坂下町まちづくりセンター(会津坂下町東分庁舎2階)において開催します。
説明会当日は、NPO法人うつくしまNPOネットワークの担当者がお越しになり、 「募集要項」から「申請書記入のポイント」まで懇切かつ丁寧に説明をしてくださいますので、うつくしま基金の活用をお考えの方は、ぜひ説明会にお越しください。当日都合が合わない方は、県内他の説明会場に参加することも可能です。
詳しくは、サポート組織NPO法人うつくしまNPOネットワークのホームページ(http://www.utsukushima-npo.jp/)をご覧いただくか、当法人事務局までお問い合わせください。
なお、会津・南会津地区説明会に参加を希望される場合は、下記事務局に直接申し込んで頂いてもかまいません。

<事務局>特定非営利活動法人市民活動支援組織NIVO
     〒969-6543 河沼郡会津坂下町字市中二番甲3650番地
     電 話:0242-84-2135(FAX兼)
     メール:machi-center@taupe.plala.or.jp
     担 当:事務局長 鈴木伸司

募集チラシ
募集案内チラシ(PDF)

説明会案内チラシ

説明会案内チラシ(PDF)

きいてくなんしょは、10月より毎月10日発行に変わりますのでお見逃しなく!
9月号(1)

9月号(2)

NIVOでは8月20日~30日に各地区地域づくり協議会、社会福祉協議会、NPO法人こころの森等に訪問させて頂いてのインタビュー形式による聞き取り調査と、22日・23日の午後は役場庁舎入り口においてアンケート調査を実施しました。アンケートの粗品につきましては美容室コロナ様、ケンコー堂様よりご提供を頂きました。
ご協力を頂きましたすべての皆様に感謝申し上げます。
なお、30日に開催しました成果報告会の資料PDFを添付しましたので、ご覧いただければ幸いです。

インターン成果報告会資料

各URLより会津坂下町のホームページをご覧ください。
https://www.town.aizubange.fukushima.jp/soshiki/2/8191.html

いにしえ街道

日頃より「きいてくなんしょ」をご愛読くださいましてありがとうございます。

9月号のきいてくなんしょ広告・原稿等の締め切りは9月9日月曜日となっておりますので、掲載を希望される方はご注意ください。

さて、きいてくなんしょは10月より発行日が毎月10日に変更になります。

したがいまして、10月号のきいてくなんしょ広告・原稿等の締め切りは9月24日火曜日となりますのでご注意ください。
あわせて、掲載内容の精査も厳格化されることになりますので、ご希望に添えない場合が出てくる恐れもありますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。
なお、確認やお問合せは随時受け付けますので、会津坂下町まちづくりセンター(TEL&FAX:0242-84-2135/メール:machi-center@taupe.plala.or.jp)へ連絡をお願いします。

報告会画像

Facebook